top of page
  • Efe

大寒波到来!あなたはどうやって過ごしますか?

エフェはエコなお店なので、不必要に暖房を付けていません。寒すぎて耐えられず…いえいえ、スタッフは毎日非常に暖かい衣服で身体を守っているので平気で作業をしています。


ムートンの靴にカシミヤの靴下、アルパカのレッグウオーマー、ズボンの下はシルクの厚手のスパッツ、そして長袖のシルク100%のインナーの上にカシミヤ100%のタートルネックのセーター、そしてアルパカ100%のセーター。えー、凄い贅沢!!と思われるかも知れませんが、どれも10年以上着ているもの。何年かに一度、少しづつ買い足したものです。一度に全部購入するのはちょっと無理です。特にアルパカのニットはもう20年も前に購入したもの…きちんとした天然素材のものは意外と長持ちするんです。そして、薄い恰好、もしくは厚手の化学繊維の衣服で寒い寒いと床暖にエアコンを家中付けている人に比べると、毎月消えていくお金が全然違うのではないかと…さて、どちらの方が得か…?


先日、とあるお客様がカシミヤデビューをいたしました。お店に入って来たときは寒そうにしていたので石油ストーブを付けてあげたのですが、カシミヤを試着し始めると「あったか~い!」と感動した上に「熱くなってきたから、ストーブ消してくれる?」とまで。ここは北杜市。八ヶ岳下ろしの凍えるような北風がビュービュー吹きます。東京から移住してきたばかりの住人は「光熱費が高すぎる!!」と騒いでいますが、そこのあなた、家の中で温かい天然素材の衣服を着ていれば、エフェのように光熱費で苦しむこともなくなりますよ。

因みに、北杜市の住人になったわたしはもう着なくなったカシミヤのセーターをパジャマの下に着て寝ているので、吐く息が白くなるような部屋の中でも暖房を点けて寝たことはございません。


是非、地球温暖化と光熱費セーブのために天然素材の衣服に切り替えてみてください!


最新記事

すべて表示

2024年4月28日(日)”心に響くピアノの音色”のチケットのご案内Part2

”心に響くピアノの音色”、ピアニスト森田基子が1984年ベルリン製のベヒシュタインを弾きます。チケットはエフェの新しいホームページ上のショップで販売を始めました。 https://www.efe-funquest.jp こちらの新しいWEBSITEのショップよりご注文ください。宜しくお願いします。 また、コンサート情報も新しいホームページ上で随時アップしますので、お楽しみに!

bottom of page