top of page
  • Efe

貴重なカディのインド綿でとってもエコなワンピースを作りました!

更新日:2023年9月2日


カディの生地は風通しが良く、汗を良く吸い取り乾きも早いのでいつも快適!しかも、冬も暖かい!一年中着れますね。



さて、これからがなぜエコかと言うとここからがその説明です。なぜ「エコ」なのか。生地を余すところなく殆ど全部使ってワンピースを作ったからです。本来、ワンピースは色んなパーツを縫い合わせて作るので、端切れなど処分するパーツがいっぱい出てくるのですが、今回はせっかくの生地を捨てたくないので、生地をめいっぱい使いました。だから、身幅が生地の幅とほぼ一緒です。また、どんなサイズの方でも着られるように袖は作りませんでした。でも、袖はあります。着る時は上から被ってください。ジッパーもボタンも何もありません。だから、何年も何年も着た後で生地がよれよれになって外出着にするのはちょっとやめようかなと思った時に、最高のパジャマ!になります。また、アレンジもいくらでもできる形になっています。ご自分でベルトを付けてもよし、ちょっと手を加えてウエスト部分にギャザーを入れてもよし、ワンピースと着てもよし、下にスパッツとかを履いて合わせるもよし。また、全くの無染色の状態の生地をそのまま使いましたので、飽きたらご自分で染めてください。大変染めやすい生地です。だから、簡単にオンリーワンの自分オリジナルのワンピースが簡単に作れます。そして、」とにかく流行は一切追ってません。だから、いつの時代に着てもOKAYです。肩の縫い目もありません。「肩の線が合わなくて…」とか「肩の縫い目が当たって痒いの…」もありません。襟の部分に関しては洗濯した時に一番切れやすい角の部分にミシンで3重に縫い合わせてあります。縫製はプロの意見に従いました。

生地本来の良さを最大限に活かしたワンピースです。しかも、どうしても余ってしまった生地でポシェットを作りました。ポケットを付けるアイディアもあったのですが、ポケットを付けると後でデザイン変更がし難い。だから、取り外し自由なポシェットにしました。私は自分のポシェットにいたずらでキラキラを付けてみました。

Simple is best! こちらの商品はネットで販売中です。ポシェット付きで税込み8800円!縫製は日本です。とっても綺麗に出来上がっています!




最新記事

すべて表示

2024年4月28日(日)”心に響くピアノの音色”のチケットのご案内Part2

”心に響くピアノの音色”、ピアニスト森田基子が1984年ベルリン製のベヒシュタインを弾きます。チケットはエフェの新しいホームページ上のショップで販売を始めました。 https://www.efe-funquest.jp こちらの新しいWEBSITEのショップよりご注文ください。宜しくお願いします。 また、コンサート情報も新しいホームページ上で随時アップしますので、お楽しみに!

bottom of page